納屋橋のまんじゅうを食べた感想と口コミは?賞味期限と値段は!

明治19年に創業した伊勢屋という和菓子店が納屋橋饅頭万松庵の始まりとされて、大正8年に納屋橋饅頭万松庵として創業されて以来長年多くの人々から愛され続けている和菓子店となっています。

伝統技術を守りながら新しい技術も取り入れて毎日美味しいおまんじゅうを製造している和菓子店で、100年以上の歴史がある名古屋名物の納屋橋まんじゅうなのです。

では、納屋橋のまんじゅうを食べた感想と口コミ、そして賞味期限と値段も紹介します。



納屋橋のまんじゅうを食べた感想は!

納屋橋まんじゅうはもち米で作られた生地の中にこしあんがたっぷりと入っています。

まんじゅうの皮はお酒の香りが少ししますがお子様でも食べることができ、優しい味わいのです。

おまんじゅうの大きさは直径5センチくらいで食べやすい大きさになっていますし、皮は薄くてもっちりしています。
中はあんこがたっぷり入っていて薄めの皮と良く合っています。

あんの甘さも程よく、抹茶や緑茶と一緒にいただきたいおまんじゅうですね。
仕事の休憩になり、ほっと一息つくのにぴったりです。

納屋橋まんじゅうは冷凍保存も可能ですので、もし食べきれないときは冷凍庫に入れておきましょう。

冷凍保存した場合は、自然解凍してから蒸し器で蒸すか、電子レンジで温めることでできたての美味しさを再現できます。

冷凍すると若干皮が固くなってしまうので、揚げまんじゅうにしたり、バターをトッピングしてトースターで焼くと違った美味しさで楽しめるので、やってみてください。

納屋橋のまんじゅうの口コミは?

納屋橋まんじゅうの口コミを紹介します。

・あんがたっぷりと入っていて食べ応えがあるおまんじゅうでした。

・甘さがちょうど良くて美味しいです。
ほんのりとお酒の香りが楽しめるのも気に入っています。

・お酒は苦手ですがこのおまんじゅうの香りはとても良いです。
甘くて美味しいです。

・食べやすいおまんじゅうで歴史もあるので懐かしい感じがします。

・子供からご年配の人まで知っている名古屋名物です。
お土産におすすめです。

・食べきれなかった時は冷凍もできるし、おまんじゅうにしては日持ちしますのでよく購入しています。

・皮とあんのバランスがとても合っています。
あんこ好きにおすすめです。

・もちもちの皮が美味しいです。
薄皮であんがたっぷりでボリュームがあります。

・食べやすいおまんじゅうでした。

・程よい甘さのおまんじゅうで食べやすいと思います。

・紅白タイプはお祝いにぴったりだと思いました。

納屋橋まんじゅうは口コミでも美味しいと評判の良いおまんじゅうです。

納屋橋のまんじゅうの賞味期限と値段は!

納屋橋まんじゅうは、1個入りから販売されています。
1個140円、6個入り842円、10個入り1,404円、15個入り2,106円、20個入り3,008円、30個入り4,412円、50個入り7,320円になります。

賞味期限は季節により若干異なるので注意しましょう。
10月1日~5月31日の間は、製造日含む4日間、6月1日~9月30日の間は、製造日含む3日間です。

納屋橋のおまんじゅうは、皮にお砂糖を使っていないので製造から4日くらいするとだんだんと皮が固くなってきてしまうそうです。

できるだけ早めに食べたいですね。
生のおまんじゅうにしては日持ちするほうで、これは包装してからUV殺菌しているからだそうですよ。

万松庵の >> 納屋橋まんじゅう

納屋橋のまんじゅうのまとめ

納屋橋饅頭万松庵の納屋橋まんじゅうは、直営店舗やJR名古屋駅、JR名古屋タカシマヤで購入できます。

他にもアピタやイオンの店舗で一部販売されていたりしていますのでお店が近い人は店頭で見れます。

お取り扱い店舗は公式サイトで確認出来ますし、通販も行っていますので取り寄せも簡単にできますよ(^_-)

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。