叶匠壽庵のあもを食べ方の味の感想と美味しいやうまいの口コミは?種類と値段・賞味期限を紹介!

叶匠壽庵は、昭和33年創業の老舗和菓子店です。
和菓子の製造や販売の他、懐石料理店や甘味処なども運営していて、日本の伝統的な文化を伝えるお料理や和菓子を提供してくれています。

叶匠壽庵では、和菓子は心もカラダも豊かにしてくれる力があると考えていて、キレイのために和菓子を食べて欲しいとおすすめしています。
その理由は、和菓子に使われている素材には、キレイをサポートしてくれるものが沢山使われているからだそうです。

では、叶匠壽庵のあもを食べ方の味の感想と美味しいやうまいの口コミ、種類と値段・賞味期限を紹介します。



叶匠壽庵のあもを食べ方の味の感想は?

叶匠壽庵のあもには、種類があります。

あも、あも(栗)、あも(こしあん)、あも歌留多の4種類です。

・あも
皮が薄くて口当たりが良い丹波大納言小豆をたっぷり使用しています。ほろほろと ほどけるような小豆の食感を楽しめます。

小豆に蜂蜜をふくませて手炊きしている餡は、毎日職人さんが丁寧に炊きあげているので、とても上品な味わいです。
羽二重餅はとても柔らかくて、小豆はホロホロしていて、食感の違いも楽しめます。

・あも(栗)
秋の味覚の栗が羽二重餅に練り込まれています。

栗は丁寧に焙煎されていて、甘みも感じられます。
ホロホロした小豆と栗の食感を楽しめるあもです。

・あも(こしあん)
丹波大納言小豆を使用したこしあんが使われています。
小豆と餅のバランスがとてもよいあもに、こしあんのなめらかな口あたりも加わり、とても上品な味わいになっています。

叶匠壽庵のあもの美味しいやうまいの口コミは!

叶匠壽庵のあもの口コミをまとめてみました。

・ずっしりと重たいようかんです。
小豆の中にお餅が入っていて、新しい食感でした。
とろとろした柔らかめのお餅で、小豆と一緒に食べると食感が違って美味しいです。
伸びるお餅で、食べ応えがありました。
小豆の甘さも程よくてなんとも言えないです。

・とても上品なあんこ菓子でした。
小豆ともちの味や食感がよく合っています。
冷蔵庫で冷やしてから食べるのがおすすめです。
そのほうがより美味しくいただけました。

・小豆の部分と羽二重餅の部分がそれぞれ楽しめて美味しいです。
合わさって食べるとさらに美味しいです。
栗入りやこしあんなど種類が楽しめるのも良いですね。

叶匠壽庵のあもの種類と値段・賞味期限は?

叶匠壽庵のあもの値段をまとめておきます。
あもの賞味期限は、製造日より26日です。
・あも
単品:税込1,296円(本体1,200円)
1本(箱入り):税込1,404円(本体1,300円)
2本(箱入り):税込2,808円(本体2,600円)
3本(箱入り):税込4,158円(本体3,850円)

・あも(栗)
単品:税込1,404円(本体1,300円)
1本入(箱入り):税込1,512円(本体1,400円)
あも・あも(栗)詰め合わせ:税込2,916円(本体2,700円)

・あも(こしあん)
単品:税込1,188円(本体1,100円)
1本(箱入り):税込1,296円(本体1,200円)
販売期間:10月10日(日)~4月中旬予定

・あも歌留多(最中種)
こちらは、あもをさらに美味しく楽しめる最中です。
最中であもを挟むと、サクサクの最中とあもの柔らかい羽二重餅、ホロホロ小豆をより美味しくいただけます。
こちらは、あもはついていないので、注意してください。
単品:税込540円(本体500円)※最中種のみ
賞味期限:製造日より180日

あもは、叶匠壽庵の公式オンラインショップの他、Yahoo!ショッピングでもお取り寄せ可能です。
利用しやすい方法で購入してください。

叶匠壽庵の >> あも

叶匠壽庵 雅撰二段 送料無料 価格:4,806円(税込)

叶匠壽庵 あも五〇年詰合せ 送料無料 価格:3,661円(税込)

叶匠壽庵のあものまとめ

叶匠壽庵のあもをご紹介しました。小豆をたっぷりと使った贅沢な和菓子です。

小豆は、身体に優しい食材で、美容にも良いので、キレイになれる和菓子というのも納得です。

身体に優しいおやつを探している方は、叶匠壽庵のあもを食べてみてください(^^)

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。