宝塚市のシャンシャンのベビーカステラを食べてみた感想は?価格や賞味期限も紹介!

兵庫県の宝塚市に楽しいベビーカステラのお店が在り、Takarazuka Sweets ShanShanがソリオ宝塚1Fにあります。

阪急宝塚駅に行く方に、宝塚市のシャンシャンのベビーカステラを食べてみた感想、価格や賞味期限を紹介します。



 宝塚市のシャンシャンのベビーカステラを食べた感想!

阪急宝塚駅で降りて「宝塚ゆめ広場」を見ながらShanShanに行きました。

店名が宝塚スイーツ“shan shan”(シャンシャン)で、営業時間は10:00~19:00で定休日は水曜日でした。

祝日で、プレミアムベビーカステラの商品を置いてたので買いました。

ベビーカステラの2種類を購入すると別々の袋に入っています。
左は10ケ入りで、ハートカステラが1コ、そしてチビ丸が9コでした。
そしてフランス産のエシレバターを贅沢に使ったベビーカステラとチラシに書いてありました。

右の袋が土日祝限定のプレミアムベビーカステラで18個入りで、ネットには濃厚エシレバターと和三盆で仕上げた贅沢なベニーカステラとも書いています。

家に帰ってから、まずハートカステラの1コとチビ丸の2コを食べました。

この300円も美味しいです。

次にプレミアムベビーカステラを6コ食べてました、チビ丸よりしょっと美味しかったです。

1000円ではちょっと美味しかったのです。

そのあと電子レンジでカップから取り出し直接お皿に載せてラップをせずに600wのレンジで20秒温めました。
どちらも電子レンジで温めると美味しくなります、そして温めるとプレミアムベビーカステラがとても美味しくなりました。
両方食べると即、分かります。

オーブントースターで焼いても美味しいと書かれていますけど、電子レンジのみで食べたのですみません。
電子レンジで20秒すると簡単に食べれて美味しくなるのです。
私は600wの電子レンジにしましたけど、500wでも確認してください。

※この注意も書かれてますのは、実際、温めすぎるとダメですし、電子レンジが一番簡単に美味しく食べます。
・温めすぎると中の水分がなくなり、硬くなるので確認しましょう。
・レンジ、オーブントースターの機種により温める時間も異なるので確認しましょう。

これで一番美味しいのは電子レンジで温め、すぐにミアムベビーカステラをすぐにたべるのがベストと思います。

 宝塚市のシャンシャンのベビーカステラの価格と賞味期限は?

ベビーカステラのテイクアウトでは、

 □ 10個入り(チビ丸カステラ9個+ハートカステラ1個)は   ¥300
 □ 22個入り(チビ丸カステラ20個+ハートカステラ2個)は  ¥600
 □ ハートカステラ15個入り(ハートカステラのみ15個)は  ¥800

 □ 贅沢なベニーカステラ18個入り(濃厚エシレバターで和三盆で仕上げた)¥1000

 ※シャンシャンのベビーカステラには宝塚大劇場公演中の組ごとに当店オリジナルの焼印スタンプを施しています。

一度お試してみたいなら300円が良いと思います。

1日食べて宝塚市のシャンシャンのベビーカステラが美味しかどうか確認できます。

ベビーカステラの価格はこんなになっているので、お試ししたいなら300円の10コを食べると確認できます。

また、贅沢なベニーカステラ1000円を一度食べてみたいなら温めて食べると分かると思います。
ほかのベビーカステラと比較したいなら、この1000円で分かります。

ココで >> ShanShan

次に賞味期限を書きます。

賞味期限をお店で聞きましたし、袋に賞味期限を書いていました。
買った時から明後日まで食べることができます。
つまり私が買った日と、明日と明後日に食べることができました。

 公園フィナーレ時にタカラジェンヌが持ってる小道具がシャンシャン

最初に「宝塚ゆめ広場」の写真を置きましたけど、宝塚市は宝塚大劇場の場所です。

そして、宝塚歌劇では公演の最後のフィナーレの時になるとタカラジェンヌが手に必ず小道具を持っているのです。
この小道具の事がシャンシャンです。

元宝塚歌劇団の“葦笛るか(あしぶえるか)” が手掛けるスイーツカフェの「Shan Shan」を2017年10月にオープンしています。
葦笛るかさんのお店は「Shan Shan」で「しゃんしゃん」の名前なら、公演フィナーレに持ってる小道具みたいです。

葦笛るかさんは「ロミオとジュリエット」のジュリエット役に抜擢されたのでフィナーレで小道具を持っていてたと思います。フィナーレの小道具とベビーカステラがしゃんしゃんで重なり、自分も何故か美味しくたべました。

宝塚市の「しゃんしゃん」ではいろいろな人生があるのですよね、だってフィナーレになるといろんな人がいろんなことを考えているからです。

葦笛るかさんは乙女にベビーカステラの「シャンシャン」で人生を伝えると思ったのです。
だから、私はこんなことにベビーカステラで紹介したのでした。

「シャンシャン」ってほんとにいろいろ人生をみれるのかも・・・

ShanShanのベビーカステラをお試ししたいなら、300円で10コ早くたべましょう、そして電子レンジもチェックしましょう。

シャンシャンのベビーカステラには宝塚大劇場公演中の組ごとに当店オリジナルの焼印スタンプを施していますになっています。ので確認しましょう。

 宝塚市のシャンシャンのベビーカステラのまとめ

宝塚歌劇は幕開けの1914年から現在まで、そしてこれからも、宝塚市が乙女のタカラジェンヌの町なのです。

だから、ベビーカステラでも食べながら、あなたが手にシャンシャンの小道具を持ちタカラジェンヌを応援するのも美味しいしかも。と思っています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。