名前の由来の鶯ボールを食べた感想と種類は?賞味期限と値段は!

鶯ボールはスーパーのお菓子売り場にも陳列されているので見たことがあるという人がほとんどだと思います。

老若男女問わず人気があるお菓子で、昭和5年から人気のロングセラー商品となっています。

鶯ボールは明治40年に創業した植垣米菓が製造・販売していて、現在は様々な種類が販売されているのです。

時々ふと食べたくなってしまう鶯ボールについて、名前の由来の鶯ボールを食べた感想と種類、賞味期限と値段も紹介します。



名前の由来のうぐいすボールの味と食べた感想は!

鶯ボールはロングセラー商品ですが、発売当初は異なる商品名で販売されていました。

植垣米菓のホームページにも名前の由来が紹介されていますが、発売した当初は昭和5年で肉弾三勇士が話題となっていた時期でした。
製造時にはじける音とかけあわせて「肉弾ボール」「爆弾ボール」という名称で知られていたのですが、戦争が終わり「鴬(うぐいす)ボール」という名前に変わりました。
うぐいすボールになったのは、形が梅のつぼみに似ているので、梅と言えばうぐいすだという事で命名されたそうです。

名前の由来を知るとますます親しみを感じて食べたくなります(^^♪

戦前から販売されていた歴史のあるお菓子と知って、それもすごいな~と感心してしまいます。
当初から変わらない美味しさで販売されていて幅広い世代で愛されているお菓子なんです。

しかし、関西で有名なお菓子なので、まだ知らない人もいるらしく、もっと広まって欲しいです。

鶯(うぐいす)ボールは保存料や着色料が使われていないお菓子なので、お子様にも安心して食べさせてあげることができ贈り物にもおすすめです。

うぐいすボールの原材料は、もち米・小麦粉・水飴・砂糖・塩・米油ととってもシンプルで、お米は国産米にこだわっています。

食べるとポリポリした食感で甘じょっぱい味がします。
口の中に甘じょっぱい味が残ってとてもクセになります。

緑茶やほうじ茶、抹茶などと食べるとより美味しいです(^_^)

揚げ菓子なのですが割とあっさりしているのは米油で揚げているからだそうです。
おつまみにしても美味しく食べることができそうです(^_-)

鶯ボールの種類は?

鶯ボールは通販で購入する以外に、スーパーや直営店でも購入できます。

新大阪エキマルシェは、限定商品が販売されています。
大阪なので、たこ焼き風味です。
ほんのりピリ辛のソース味にほのかに甘さが感じられて美味しいですよ。

限定品は得に気になりますね。
スーパーや通販で販売されている一般的な鶯ボールは下記の種類があります。

・鴬ボール 126g、80g、56g、18g
・鶯ボール食べきりパック
・鴬ボール きなこ 97g、43グラム
・鴬ボール宇治抹茶味
・鴬ボール コーヒー味
・鴬ボール詰合せ
・鴬ボール・ミニ詰め合わせボックス
・鴬(うぐいす)ボールミニ
・鴬ボールミニピーナッツ入り
・鴬ボールミニ宇治抹茶味

オンラインショップと新大阪駅マルシェ限定商品で、手揚げうぐいすボールも販売されています。
少量しか作れないという貴重な鶯ボールです。

季節ごとに限定商品も販売されるのでチェックしてみてくださいね。

うぐいすボールの賞味期限と値段は!

スーパーや通販で購入するうぐいすボールの賞味期限は90日~180日くらいになっています。

製造日からの賞味期限なので、店頭で購入するタイミングで若干変わってきます。

価格はAmazonや楽天でも購入できるので販売サイトで異なっています。
スーパーも販売店で若干価格が違います。

新大阪の駅マルシェで購入できる手揚げのうぐいすボールは、1個550円で販売されています。
こちらは賞味期限90日です。

関西の味、百余年名前の植垣米菓の >> うぐいすボール

鶯ボールのまとめ

うぐいすボールを色々楽しみたい人は新大阪駅の駅マルシェに足を運んでみてください。

新大阪駅店(JR新大阪駅・在来線コンコース内)
住所:大阪府大阪市淀川区西中島5‐16‐1 エキマルシェ新大阪 うぐいすボール
TEL:06-6300-5445

神戸や加古川の本店(直売店)でも購入可能です。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。