船橋屋のくず餅プリンの食べ方とカロリーは?そして賞味期限・値段と通販は!

船橋屋は文化二年創業の老舗菓子店で、お湯で練った小麦澱粉を蒸して、黒蜜ときな粉をかけて作ったお餅がくずもちと呼ばれるようになり江戸名物として広まりました。
以降、船橋屋はくず餅専門店としてメディアでも取り上げられています。

船橋屋はくず餅が有名なのですがあんみつやぜんざい、ところてんといった和スイーツも販売しています。

もうすぐ暑くなるので、船橋屋のくず餅プリンの食べ方とカロリー、そして賞味期限・値段と通販を紹介します。



船橋屋のくず餅プリンの食べ方は!

船橋屋のくず餅プリンは450日熟成発酵させた材料を使ったプリンで、すごく手間がかかっているプリンという事が分かります。

プリンの材料にくず餅を作る際に使われる発酵小麦澱粉をブレンドしていますし、この発酵小麦澱粉が450日間熟成発酵させているという材料なのです。
乳酸発酵させて独特の食感を生み出していますので、くず餅は沢山ありますが船橋屋のくず餅は他のくず餅とは違う食感を楽しめると言わています。
その原料をプリンの材料に混ぜて丁寧に蒸しあげればプリンの完成です。

どんな食感、風味になっているのかとても気になります。

プリンと一緒にきな粉と黒蜜が入っていますので、くず餅についているきな粉と黒蜜なのです。
洋風のプリンにきな粉と黒蜜という和の素材をトッピングすることで和と洋の絶妙なコラボレーションを味わえるようになっているので、冷蔵庫で冷やしたプリンにきな粉と黒蜜を好きなだけトッピングして食べます。
最初は何もかけないで一口、そしてきな粉をかけて一口、最後に黒蜜もかけていただき、だんだん味が変化していくのを楽しめます。
そのまま食べるとプリンの味なのですが、黒蜜ときな粉をトッピングすると和の味に変化します。

プリンについてくる黒蜜ときな粉も船橋屋のこだわりが詰まっていて、きな粉が船橋屋特製のきな粉で、厳選した大豆を焙煎し香ばしい香りと風味が楽しめるようになっています。
黒蜜は船橋屋秘伝の黒蜜で、沖縄県産の黒糖に数種類の砂糖をブレンドして濃厚な味に仕上げていてきな粉とプリンの風味をより引き立ててくれています。
コクのある味わいでとても美味しいプリンで、くず餅もプリンも食べたいっていう欲張りな願いが叶ってしまうスイーツなのです。

船橋屋のくず餅プリンのカロリーは?

船橋屋のくず餅プリン、どれくらいのカロリーなのか気になりますよね。

公式サイトで栄養成分表示が記載されていましたので、くず餅プリン1個当たりの栄養価は下記の通りです。

エネルギー259kcal
たんぱく質7.7g
脂質8.6g
炭水化物37.7g
食塩相当量0.2g

上記栄養成分はきな粉と黒蜜も含んでいます。

船橋屋のくず餅プリンの賞味期限・値段と通販は!

船橋屋のくず餅プリンは消費期限2日間となっています。

生菓子なので賞味期限はやや短くなっています。
新鮮な状態で食べることができます。

くず餅プリン 2個入(黒蜜&黄粉付)798円(税込)
くず餅プリン 4個入(黒蜜&黄粉付) 1,596円(税込)
くず餅プリン6個入(黒蜜&黄粉付)2,394円

くず餅・あんみつ・くず餅プリンのセット2,658円(税込) 2個入りから販売されていますのでご自宅用やお土産に利用しやすいです。

通販もお取り寄せ可能です。

船橋屋の >> くず餅プリン



船橋屋のくず餅プリンのまとめ

船橋屋のくず餅プリンは、こだわりのプリンとなっています。

プリンにきな粉と黒蜜をかけるってどんな感じなの?
と思ってしまうかもしれませんが、くず餅に使われている小麦澱粉が入っていることで、もっちりした食感になっていてとても不思議な味わいです。

もっちり食感が黒蜜ときな粉にとても合うので、のど越しも良いので夏にとてもおすすめのスイーツなのです。

特に夏には美味しいです、一度食べてみましょう、食べるとお中元でも利用できます(^^♪

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。